原因のわかっている腰痛とは?ケガや病気による特異的腰痛

原因のわかっている腰痛とは?ケガや病気による特異的腰痛

腰痛は様々な要因によって起こります。
ストレスや鬱といった精神的なことからおきる場合や、脳が過去の痛みの記憶を忘れることができずに起こる「脳の勘違いによる腰痛」もあります。

そういった原因のわからない腰痛を非特異的腰痛といいます。
その反対に身体の異常が原因で起こる腰痛原因や患部が特定できる腰痛を特異的腰痛といいます

特異的腰痛には腰の捻挫や筋肉痛でおきる「ぎっくり腰」や椎間板が神経を圧迫することが原因の「椎間板ヘルニア」などがあります。
内臓の疾患が腰痛を引き起こすこともあります

ぎっくり腰による腰痛

ぎっくり腰による腰痛

ぎっくり腰とは「急性腰椎症」のことです。

原因

腰痛というとまず思いつくのがぎっくり腰です。
多くは中腰で重い荷物を持ち上げようとしておこります。

椅子から起ちあがろうとした途端に発症することもありますし、大きなくしゃみや寝返りが原因になることもあります。
お辞儀をしただけでぎっくり腰になった例もあるので油断できません。

症状

いきなり腰に大きな痛みが走ります。
欧米ではあまりの痛さに「魔女の一撃」と呼ばれているほどです。

筋肉痛の場合は、すぐに痛みがなくなることもありますが、大抵は1~2週間は続きます
腰の捻挫だと更に長引くこともあります。

治療
痛みがひどい間は安静にするしかありません
痛みが和らいだら、湿布などの痛み止めやコルセットを使いながらできるだけ日常通りの生活を送ります。
痛みがひどいときは椎間板ヘルニアや骨折などより重い病気の可能性があるので医師に相談してください
対策

筋肉痛や捻挫が原因なので日々の行動を注意することが一番の予防対策です。
中腰でものを持ち上げない、拾わないことが大切です

中腰から上半身の力と反動だけでものを持ち上げると腰に大きな負担がかかります。
ものを持ち上げたり拾ったりするときは、膝を曲げ腰を落とすようにします。

くしゃみは腰に手をあてて、立ち上がるときは腕でサポートしましょう。
腹筋や背筋を鍛えること、ストレッチで股の関節、腰の可動範囲を広げておくことも有効です

椎間板ヘルニアによる腰痛

椎間板ヘルニアによる腰痛

ヘルニアとは体の器官が正常な位置からはみ出してしまった症状のことです。
でべそや脱腸もヘルニアです。
腰痛に関係しているのは椎間板ヘルニアです

原因

背骨はいくつかの骨が繋がってできています。
背骨と背骨の間にはクッションの役割を果たす軟骨、椎間板があります。

何らか衝撃で椎間板(内部の髄核)がはみ出して神経を圧迫することで痛みが起きます
重い物を持ち上げたときや高い所から飛び降りたとき、激しいスポーツ長い間つづけていることが原因になります。
椎間板の老化やストレスなど心的な要因もヘルニアを引き起こします。

症状
神経が圧迫されるので単なる腰痛ではなくしびれを伴います。
悪化すると感覚が無くなり、神経に繋がっている部分が動かせなくなります。
20~40代の働き盛りの男性に多く見られます。
治療

MRI(磁力検査)によって症状を見極め「観血的療法」、「温存療法」のどちらをとるか決めます。
観血的療法は、手術のことではみ出した椎間板を取り除くものと椎間板を押し戻す方法があります。

温存療法は、投薬、コルセット、理学療法で痛みを和らげ、体操療法などでリハビリを行いながら治療します。
安静よりも、痛みを伴わない範囲で日常生活を送ることが回復の早道です

対策
ものを持ち上げるときは腰を落とす習慣をつけましょう
腰に負担のかかる作業を続けるときは前もってコルセットを装着しておくのもいい対策です。
負担を軽減しながら、腹筋や背筋といった体幹の筋肉を鍛えることも大切です

腰椎すべり症による腰痛

腰椎すべり症による腰痛

腰椎すべり症とは、腰椎(背骨から繋がっている腰の後ろの骨)が滑り出してしまう病気です。

原因

原因によって「分離すべり症」と「変性すべり症」に分けられます。
分離すべり症は、スポーツなどで繰り返し腰椎を反らしたり回したりすることで起こります。

運動部の学生がかかりやすい病気です。
スポーツ選手の30~40%はこの病気にかかっています

変性すべり症は、閉経後の女性に多いことから女性ホルモンの減少によって起こる骨粗しょう症の進行が原因だといわれていますがハッキリしていません。
加齢が大きな要因で50代以上の女性に多く見られます。

症状

分離すべり症は、背骨の本体と繋がっている推体と関節部の推弓という骨がわかれてしまいます。
わかれた状態のまましておくと骨がズレ始め分離すべり症になります。

変性すべり症は、腰部の椎間板や靱帯、骨が変形して腰椎がずれてしまいます。
どちらのすべり症も、ずれによって神経が圧迫され、痛みやしびれが起こります
長い間歩いていると痛みで動けなくなり、かがんでいると楽になる間欠性跛行という症状が起きることがあります。

治療
まずは温存療法を施します。
コルセットなどの保護具で患部を固定し、投薬で痛みを和らげ軽いストレッチや筋トレで通常生活に支障が出ないよう治療します。
痛みがひどく歩けないなど症状が重いときは、神経を圧迫している部分を削り、すべりを戻して金具などで固定する手術を行います。
対策
変性すべり症には、骨粗しょう症予防が有効な対策です。
分離すべり症予防には、腰の周りの筋肉を鍛えること、腰と股関節の可動範囲を広げること、筋力がともなっていないのにいきなり激しい運動を行わないことが大切です。
スポーツを続けている人は定期的に専門医の検診を受けましょう

背骨の靭帯の異常|後縦靱帯骨化症による腰痛

背骨の靭帯の異常|後縦靱帯骨化症による腰痛

後縦靱帯骨化症とは、背骨の靱帯が厚くなり骨になってしまう病気です。

原因
原因はわかっていません。
親族内での発症例が多いことから遺伝的な要因が大きいといわれています。
症状

脊髄の前の方にある靱帯が厚みを増していって、やがて骨に変わってしまいます
本来は柔軟性のある靱帯が骨になってしまったため、その部分の背骨の曲げ伸ばしができなくなります。

新しくできた骨が神経を圧迫して、しびれや痛みを引き起こします。
うまく歩けない、腕が動かないなど運動障害を伴います。

治療

一度かかってしまうと完治はできません。
症状によって「温存療法」と「手術療法」のどちらかが選ばれます。

温存療法はステロイド薬などの投薬、運動療法、温熱や牽引といった理学療法、マッサージなどが施されます。
手術療法は、神経を圧迫している部位を取り除きます。

対策
遺伝的な要因が大きいため効果的な予防法はありません。
ただ、高血圧や糖尿病、肥満と合併して起こることが多いというデータもあるので、成人病予防対策を心がけるのは有効だといえます

リウマチ|膠原病による腰痛

リウマチ|膠原病による腰痛

リウマチは体を外敵から守るためのシステム「自己免疫」に異常が起こって、正常なものまで攻撃してしまうために起こる自己免疫疾患の一つです。

原因
遺伝的な要素が強いといわれていますが、免疫異常がどうして起こるのかはわかっていません。
症状
初期症状の主なものは“朝のこわばり”です。
腰全体がおもだるく動かしづらくなります。
症状が進むと関節部が変形して歩くこともできなくなってしまうこともあります。
治療
毎朝、腰がこわばる感じが続くようなら医師の診断を受けてください。
リウマチは早期発見・早期治療で関節の変形を防げます
変形が進んでしまうと元には戻りません。
対策
遺伝的な要因が強いため予防するのが難しい病気です。
リウマチにかかってしまったら、それ以上進行しないようにすることが大切です。
毎日、痛みを感じるギリギリのところまで関節を動かして、可動範囲が狭くならないようにします

内臓が原因の腰痛

内臓が原因の腰痛

内臓の病気が腰痛を引き起こすことがあります。

原因
内臓が腫れたり、腫瘍ができたりして腰や背中の神経を圧迫します。
膨れた内臓に骨盤が内側から押されて痛みを起こすこともあります。
症状
神経を押されるとしびれや痛みが起きます。
臓器の痛みが腰痛のように感じるときはかなり症状が進んでいると考えられますから、できるだけ早く医師の診断を受けてください。
治療
根源になっている病気が治れば腰痛はなくなります。
対策
内臓疾患の予防は成人病予防対策と同様です。
暴飲暴食、運動不足、喫煙をやめて、生活からできるだけストレスを取り除いてください

ケガや病気による特異的腰痛を対策するには

ケガや病気による特異的腰痛を対策するには

原因がわかっていても腰痛は治りにくい病気です。
腰に負担をかける姿勢を改め、やむを得ない作業のときもなるべく腰への負担を軽くするよう心がけてください。
生活習慣病予防対策は腰痛対策にも繋がります

腰痛対策マットレス|効果と価格を考慮したBEST3

腰痛対策マットレスBEST3

モットン モットン
自然な寝返りをサポート!

エアツリーマットレス  エアツリーマットレス
身体に合わせたカッティング

雲のやすらぎプレミアム 雲のやすらぎプレミアム
ふんわり安らぐ朝のスッキリ感!

関連記事

腰痛の様々な原因と改善するために必要な体のケア

腰痛の様々な原因と改善するために必要な体のケア

腰痛と上手く付き合う為に

腰痛と上手く付き合う為に

腰痛の原因と対策は日々の生活の中にヒントあり!

腰痛の原因と対策は日々の生活の中にヒントあり!